- Yomogi よもぎ蒸し

bnr_yomogi01.png

 

◎よもぎ蒸しとは

「よもぎ蒸し」は、韓国では600年も前から伝わる歴史ある民間療法(座浴)です。その始まりは産後によもぎ蒸しをすると「産後の肥立ちが良い」ということで各家庭で行われていたそうです。

 

◎よもぎ蒸しのご利用方法

専用ガウン(中は裸で)を着て専用イス(座面に丸い穴が空いた)に座っていただきます。イスの下で土鍋でヨモギ(生薬・ハーブ)を蒸すためマントの中はスチームサウナのような状態になります。
生薬の成分がたっぷりと含まれた蒸気を全身に浴びることで、体内に有効成分を吸収しながらしっかりと汗をかけます。
蒸される時間は通常40分程度、妊娠中の方は20〜40分で体調に合わせて調整させて頂いております。

 

bnr_menu06.jpg


◎こだわり
手積みのヨモギ、生薬、自家栽培のハーブ 使用

ヨモギ、ビワの葉、季節ごとのおすすめ生薬・ハーブを厳選しています。
無農薬の土地で育ったヨモギを中心に可能な限り手積みで調達、自家栽培の無農薬ハーブなどもご用意しています。
生薬・ハーブは、体質カウンセリングをもとにお体に合わせておすすめのブレンドで調合いたします。

[主な材料]
ヨモギ、ビワの葉、ドクダミ、ウコン、ゲンノショウコ、ショウガ
カモミール、セントジョーンズワート、ラベンダー、カレンデュラ など


吉野産・檜(ヒノキ)のイス
素肌に触れるものだから安心して使える素材にこだわり、特注で職人さんに作って頂いています。
サイズもゆったりと座りやすい安定感のある大きめサイズです。
天然ヒノキの良い香りに包まれてリラックス度もアップします。
使用後は食品にも使用できる消毒液(ドーバー パストリーゼ77)にて消毒し、乾燥しております。


今治タオルの専用イスカバー

オリジナルのイスに合わせた専用カバーも特注で作って頂いています。
通常は不織布などのイスカバーが一般的なのですが、汗をかくとベタつきが気になっていました。
当店は、今治タオルを贅沢に二重構造で使用していますので、たくさん汗をかいてもすっきりと吸収してくれます。
素肌に触れる素材なので、ふんわりと心地よいことも大きなポイントです。
1回使用するごとに洗濯していますので衛生面も安心してご利用頂けます。


遠赤効果を高める土鍋 使用

日本で古くから生薬を煎じるために使われてきた陶器の片手土鍋を使用してヨモギを煮出します。
遠赤外線効果を高めることで生薬の効果をしっかりと体へ届けられるようにしています。
使用後は洗浄後に食品にも使用できる消毒液(ドーバー パストリーゼ77)にて消毒し、乾燥しております。


保温性の高いガウン 使用
二重構造で保温性が高く、内側は汗を吸収してべとつかない素材の専用ガウンを使用しています。
両腕が出せるタイプなので、蒸されている間も快適に過ごせます。
1回使用するごとに洗濯していますので衛生面も安心してご利用頂けます。

 

bnr_menu09.jpg

 

◎ヨモギの効能

日本でも民間療法として古くから切り傷、すり傷、下痢止めに効果があるとして、外用としても内服としても用いられてきた歴史があるヨモギ。
『病を艾(止)める』という意味から漢方名では艾葉(ガイヨウ)と呼ばれ、その効能や栄養価の高さから万能薬とも言われる程で、お灸に使われるもぐさも、ヨモギ(葉裏の綿毛)から作られています。

[おすすめ]
婦人科系疾患 / 冷え性改善 / アトピー改善 / 美肌効果 など


◎妊婦さん&産後のよもぎ蒸し

よもぎには安胎作用(流産・早産を予防して胎児を安らかな状態にする作用)があるとされています。
妊娠中の冷えは逆子にもなりやすいので、しっかりと温めて血流を促し、安産へと繋げていきましょう。

当サロンでは、安定期からのご利用を承っております。
以下の症状でお悩みの方は、ぜひご利用ください。
症状の改善される場合は、短期間で複数回のご利用をおすすめします。(回数チケットがございます。)

・体(お腹、足など)が冷えている
・お腹がはりやすい
・足がむくむ、だるい、つりやすい
・腰痛、肩こり、股関節の痛み
・便秘
・逆子予防
・睡眠が浅い、熟睡できない
・つわりのストレス解消
・リラックスしたい

妊娠5ヶ月〜
 体の冷え(お腹、足など)が気になる方は週1〜2回のご利用がおすすめです。
 冷えた子宮は逆子になりやすい環境です。
 血流を促して温かい子宮で赤ちゃんをリラックスさせてあげましょう。

妊娠7〜9ヶ月
 お腹が大きくなりバランスが崩れて、腰痛・こむら返りなどがおきやすい時期です。
 足のむくみなども気になってくるかと思います。
 睡眠不足の改善にも役立ちます。
 改善される場合は、2日に1回程度の短期間で集中的なご利用がおすすめです。

妊娠10ヶ月〜
 最もおすすめの時期です。
 腰部分を集中的に温めることで、子宮口が柔らかくなり出産時に開きやすくなります。
 骨盤もゆるみ、リラックスした状態となります。
 この時期は可能な限りご利用頂くことが理想です。

産後2ヶ月〜
 よもぎ蒸しは古来より「産後の肥立」にとても良いものとして行われてきました。
 妊娠〜出産に伴い、ママの体と心はとても大きな変化を経験します。
 体を温めることで産後の回復をスムーズにする効果があります。
 悪露の時期は避けて、産後2ヶ月〜のご利用をおすすめします。
 お子様とご一緒OKです。


※妊娠期間のご利用は、必ず主治医に利用の確認をとってください。
※妊婦さんのご利用時間は通常よりも短めで設定しています。(20〜40分)
 妊娠の経過、お体の状態に合わせて無理のない時間設定で行います。